読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

『カジノ法案』の前に『ギャンブル依存症対策基本法案』を作ろう

こんにちは、らくからちゃです。

ここ数日、テレビを見ると毎日のようにカジノに関する法案が取り上げられています。正式には『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案』というそうですが、カジノ法案とかIR(統合型リゾート)推進法案なんて呼ばれ方をしているアレですね。

賭け事には滅法弱いので、やってみたい気持ちは全くありませんが、いつ頃どのあたりに出来るんだろうなあというのは、善良な市民の皆様にも関心のある話じゃないでしょうか。法案を読めば、なにか分かるんでねーの?と思いまして、実際にさら〜っと読んでみました。

●特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案

うん。分からん(゚∀゚)

そもそもこの法律、第一条を見るとこんな風に書いてあります。

第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

この法律で決めることは

  1. すごーく基本的なこと
  2. 実現出来るように本部を設置しよう

ということですので、あんまり大したことは書いてありません。まずは全体的な方針というか指針のみを決めようとした法律です。この条文だけみると『特定複合観光施設区域』なんて呼ばれ方をしていますが、その実が何なのかについては、第二条に記載があります。

第二条 この法律において「特定複合観光施設」とは、カジノ施設(別に法律で定めるところにより第十一条のカジノ管理委員会の許可を受けた民間事業者により特定複合観光施設区域において設置され、及び運営されるものに限る。以下同じ。)及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、民間事業者が設置及び運営をするものをいう。

 えーっとつまり、

  1. カジノ施設
  2. 会議場施設
  3. レクリエーション施設
  4. 展示施設
  5. 宿泊施設

などなどが一体になったものを作ろうぜ!ってことですね。確かにアメリカでもラスベガスって、ハイテク関係を中心とした見本市みたいなものが、すごく多い気がします。

まあ確かに、住宅地の近所に作ってしまうと入り浸るひとも出てくるので、比較的辺鄙なところに作ったほうが良いでしょうし、土地が余っているなら会議場なんかも引っ付けておけば羽目をはずしたおじさん達が大量にぶっこんでくれて、相性がいいような気もしますな。

第一条にもある通り、地域経済の振興にも財政の改善にも役立ちそうなところは有りますが、皆様御存知の通り揉めに揉めています。本案についての各政党のスタンスは

  • 維新・・・(賛成)地元大阪にカジノによる集客を目指すべく最も強い推進派
  • 自民・・・(賛成)維新に恩を売るのと合わせて経済財政対策を進めたい
  • 公明・・・(中立)党議拘束を外して自主投票
  • 民進・・・(反対)審議時間が短すぎる など
  • 共産・・・(反対)依存症患者の増加 など

ってな感じでしょうか。特に『6時間しか審議されていない』というのは、民進党含め、各反対派が口にしていたような気が致します。その6時間にて審議した内容は議事録はまだ出来上がっていませんが、速報として下記の通り出ております。

それぞれの議員の主張の骨子がまとまっておりますが、やはり反対の意見として気になるのが『依存性への対応』ですね。

ギャンブル依存症大国ニッポン

続きを読む

楽天でのポイント還元率を1%増やす方法

生活・節約・家計 広告不要 おすすめ候補 おすすめ

こんばんは。

ここしばらく、『なんちゃって社会派風』の記事を書き続けていった結果、『経済・社会』のカテゴリの記事ばかり増えてしまいました(^_^;)。今日は久しぶりに、このブログの本来のテーマである(?)節約について書いてみたいと思います。

 

先日、このブログでの収益について、雑なまとめを投稿させて頂いたところ、予想以上のアクセス・ブックマークを頂き、びっくりしちゃいました。

この10万円という金額を大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれだと思いますが、やはりある程度継続して書いていくのは骨の折れる作業です。正直誰もが誰も出来る話では有りません。そこで今回は、本来記事を書いた人が貰える『アフィリエイト収入』を『自己宛アフィリエイト』としてポイント還元出来るサイトについてご紹介したいと思います。

『自己アフィリエイト』の仕組み

このブログでも広告収益の大きな割合を占めている『商品の紹介』ですが、サービス提供者は複数ありますが、基本的には下記のようなシステムです。

続きを読む

カイゼンが製造業のIT化を遅らせてきたのかもしれない

こんにちは、らくからちゃです。

先日、こんな記事を読ませて頂きました。

普段は、製造業のお客様をメインに、原価や会計に関するシステムの導入の支援や活用提案をさせて頂いておりますが、製造現場の仕組みづくりのお手伝いをさせていただくこともあります。その時の経験から、

そして生産情報、すなわち製造業の情報化に関わる分野は、カバーすべき範囲が広いのだ。受注管理システムから始まって、生産計画、BOM(部品表)、製造指示、在庫管理、品質管理、出荷管理、進捗管理、現物管理、POP、設計情報管理、と際限がない。それに比べ、流通情報で覚えるべきなのは販売管理、仕入在庫管理、カードくらいでよかった(当時はまだインターネットは普及していなかったのだ)。

どうして同じ情報システムに関わる科目なのに、製造業と流通業でかくも守備範囲の広さが違うのか? それは、「製造業の方が業務プロセスが多くて複雑だから」である。

 については、首がちぎれるほど同意致します。しかし結論にあげられている

わたしの想像だが、ITエンジニアが「製造現場を敬遠している」ためではないかと思える。

(中略)

なにせ工場は地方にあるし、行くのは遠いし、おまけになんだか3K職場でごちゃごちゃしていて、スマートでない。ハイテクの最先端技術の好きなITエンジニアが、好んで働きにいきたい場所ではなさそうだ。

 については『まあそういう人もいるよね』とは思う一方、別な話も背後にあるように思えます。20台のひよっこが、コメントさせて頂くのは恐れ多い話ではございますが、現場からの小言をぽちぽちと書いてみたいと思います。

製造業のIT化は進んでいないのか

続きを読む

珪藻土バスマットがイカす(๑•̀ㅂ•́)و✧

こんにちは、らくからちゃです。

先日、雑貨屋さんをぶらぶらしていたら、なんだか面白い商品を発見いたしました。

 『珪藻土バスマット』って言うそうです。なんでもこの石のような板が、バスマットの代わりになるんだとか。荷物が増えるのが嫌だったのと、ちょっとお値段が高かったので、その場では購入を見送りました。が、後日やっぱり欲しいなーと思い、Amazonさんでポチりましたので、使用レビュー等書かせて頂きます。

珪藻土バスマットってなんぞ?

まずこれが何なのか?ですが、『珪藻土』という土...というか岩?から出来たバスマットになります。『珪藻土』ってなんやねんということについては、Wikipedia先生に聞いてみたところ、こんな風に教えてくれました。

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。
珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

珪藻土 - Wikipedia

 文系脳のわたしにはよくわかりませんが、藻の仲間の化石のようなものだそうです。特徴として、無数の小さな穴が空いているため、サイズの割りに軽く、湿気を吸う力が強いそうです。

で、それをバスマットに応用したわけです。

f:id:lacucaracha:20161129230211p:plain

なるほどねえ。何社かから商品化されていますが、正直どれが良いのかはわたしにもよくわかりません┐(´д`)┌。

 

今回は、若干お値段高めですが、評判が良いこちらをポチらせて頂きました。

AngLink 珪藻土バスマット

AngLink 珪藻土バスマット

 

購入時点でお値段2,799円(送料込み)ですが、安いメーカーだと1,500円くらいからあります。

『AngLink』という会社が作っているみたいですが、懐中電灯や湿度計まで作っているようで、中々ユニークな会社です。最近、こういうちょっと面白いものを作っているメーカーが増えましたよね。 

驚くほど吸う( ゚д゚)

こちらの商品、サイズは一般的なバスマットより、ちょっと小さめかな?くらいのサイズですが、十分足のサイズ以上の大きさです。

届いて使ってみて驚いたのは、本当にものすごい勢いで水を吸います。

f:id:lacucaracha:20161129230911p:plain

こんな感じで宣伝されていましたが、本当にこのとおりです。

実際に使ってみた感想を言うと、足をおいた時に、ちょっとひっつくような感覚がありました。なんだろう。氷に肌が引っ付いたときみたいな感じ?あと砂っぽいような感じは特にしませんでしたね。

足の水分を吸い取るだけであれば、なんの支障もありませんが、冬場は冷たい感じがするのがちょっと良くないかなー(๑´•.̫ • `๑)

バスマットの洗濯物が減るのは大きいと思う

こちらの商品を買おうと思った一番の理由は『バスマットの洗濯を減らしたかった』からです。

我が家では、ななめドラム洗濯乾燥を使っていますが、洗濯槽のサイズが小さく一度に洗うことの出来る量は限られています。

バスマットは、洗濯物の中でもかなり大きなものに入りますので、これが減ると、今まで2回にわけて行っていた洗濯が1回に出来る可能性があります。もちろん、乾燥に係る電気代も節約できます。またかなりスペースもとりますので、それが節約できるのはデカいですね。

些細なことと言えば些細なことですが、それほど高くない投資で、家事がほんのちょっと楽になるかもしれません。もしよければ是非!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ではでは、今日はこのへんで。

 

Adsenseの審査が厳しくなった理由をGoogleの業績から考えてみる

PV収益分析

こんにちは、らくからちゃです。

毎月月末月初になると、いろんなブログにて『収益報告』がはじまります。好き嫌いはあると思いますが、他の誰にも書けないオリジナル情報の塊ですし『へえ、最近はそんなのもあるんだ』と結構楽しみにしています。

ちなみに弊ブログでの稼ぎ頭はGoogle Adsense。あれこれ考えることなく、設置するだけで済みますし、アクセスが良いと、うちのような雑記ブログでも1日数千円の収益になります。

設置には審査が必要ですが、ここ最近『Google Adsenseの審査に通らない』という話を良く耳にするようになりました。先日もこんな記事を読みました。

『どこが駄目なのか分からない』『内容がつまらないから駄目なのだろうか』などといった声も良く耳にします。こうすれば審査に通る!なんて記事も有りますが、見ていると

  • 一定の記事数が無ければ駄目
  • サイトのデザインが重要
  • 導線がしっかりしていることが大切
  • 内容の信憑性が高いこともポイント
  • 内容が薄いのはNG

などなど、諸説飛び交っています。ずっと審査が通らないと『こんなに頑張っているのに...』という気分にもなるでしょうし、『コンテンツとしての品質が低いからかなあ』と自信を無くしている人も多いようです。

つい感情的になってしまいがちですが、冷静に考えてみましょう。どうしてGoogleは審査を厳しくしたのでしょうか?そのヒントを、Google社の業績から考えてみたいと思います。

伸び悩むAdsenseの売上

続きを読む

【早わかり】年金制度改革法案(年金カット法案)とは何か? 〜変更点と問題点と年金のあり方について考える〜

おすすめ

こんにちは、らくからちゃです。

アメリカの大統領選や、韓国の大統領不正関与問題など、海外の話題におされて随分扱いが小さくなってしまっていましたが、我々の生活にも影響する『国民年金法等改定案』が衆院厚生労働委員会にて強行採決されました。

強行採決に至った背景として、年金額が大きく減る可能性があり、民進党からは『年金カット法案』なんて呼ばれ方もしていました。本法案は、そのことだけが対象ではなく、年金に関する諸々の制度変更を伴う改正になりますが、『年金が減る!?』となると、いま貰っているひとは勿論、払っている人も気が気じゃないですよね。

民進党からは、新しいルールに置き換え、過去の数値に当てはめ計算すると

  • 国民年金・・・年間4万円・月3,300円
  • 厚生年金・・・年間14.2万円・月11,800円

減少する!という試算も出ています。

f:id:lacucaracha:20161126112540p:plain

(引用元:「年金カット法案」で、国民年金は年4万円、厚生年金は年14万円も減る?|たまき雄一郎ブログ)

金額だけ見たら大変なことですが、でも逆に考えて下さい。

いま払う年金が減るということは、将来受け取ることの出来る年金の財源を遺す

ということです。とはいえこの話、『年金だけで考えられない根深い点』も含んでいると思いますので、ちょっとまとめてみたいと思います。

年金の金額ってどうやって決まるの?

続きを読む

大学生の初任給ってどれくらいあればいいんだろうね

こんにちは、らくからちゃです。

先日、ぶらっとネットサーフィンをしていたところ、こんな記事を読みました。

厚生労働省が、従業員10人以上の企業で新卒の採用をしたおよそ1万5000社を調査した結果、大学を卒業してこの春、就職した人の初任給は平均で20万3400円でした。

これは去年より1400円、率にして0.7%増えていて3年連続の増加となりました。

男女別では男性が20万5900円、女性は20万円で、女性は統計を取り始めた昭和51年以来初めて、初任給が20万円に達しました。

f:id:lacucaracha:20161126104433p:plain

大卒初任給 女性 初の20万円に | NHKニュース

まずはお給料が上がったのはめでたいことですが、この結果を見て『なんで男女で初任給が違うんだ?』と思ったかたいるようです。勿論、学生を採用する際に、男女で初任給の格差をつけるようなことをすれば、きっと色んな法律にひっかかることでしょう。

この結果は、『実際に受け取った初任給』の平均になります。そのため、女性より男性のほうが、より高い初任給を受け取ることの出来る会社に就職したということを意味します。もう少し言えば

  1. 総合職・一般職などの職種の違い
  2. 業界の違い
  3. 勤務地の違い

などに差があったのでしょう。新卒の段階で能力に大きな差がつくわけでもないでしょうに、この結果を見ると男女平等とはなんぞ・・・と思いますね。

あとこういった統計は、推移などを単純に眺めたりするには平均値でもいいと思いますが、じっくり比較するのであれば中の分布を見る必要があります。

大卒初任給 女性 初の20万円に | NHKニュース

くっ静まれ…我の中の中央値厨よ怒りを静めろ…っ!

2016/11/21 09:35

b.hatena.ne.jp

うん、なんでも中央値を見りゃあいいってもんでもありませんけど、これについてはちょっと気になりますね(笑)。このデータは、賃金構造基本統計調査という政府の行っている統計情報から出てきたものですが、ちょうど手許にデータがありましたので、分かりやすくグラフにしてみました。

大卒初任給の男女比較

f:id:lacucaracha:20161126001524p:plain

(出典:統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103 より筆者作図)

今回発表された2016年の速報結果になりますが、詳細なデータが未発表でしたので、一つ前の2015年の結果となります。縦軸は、それぞれの階級別の人数ですね。

全体的に見て、男性は20万円台を中心として正規分布している感じ。女性は、17万円台から21万円台辺りまで平べったく分布している感じでしょうか。ちょっと面白いのが、高所得層ではあまり大きな差がありません。

項目
第1・十分位数(千円) 180.8 170.7
第1・四分位数(千円) 195.3 184.5
中  位  数 (千円) 205.3 200.4
第3・四分位数(千円) 212.0 210.6
第9・十分位数(千円) 227.9 226.1
十分位分散係数 0.11 0.14
四分位分散係数 0.04 0.07

第◯・◇分位数というのが、『◇分割した場合の◯番目に当てはまる数値の上限』とお考え下さい。平たく言うと、第1・十分位数だと、下位10%に当てはまるひとの境界値。第9・十分位数だと、上位10%に当てはまる人の境界値となります。

中位数(いわゆる中央値)より下の階級については、男女で1万円近く格差がありますが、上の階級については、千円程度の差しかありません。つまり、高所得層については男女間の差は少なく、低所得層については女性の方がより賃金が低い状況にあると言えそうです。

産業別の男女格差

 初任給(男)初任給(女)初任給男女比採用数(男)採用数(女)採用数男女比
鉱業,採石業,砂利採取業 222.1 203.5 109% 4 1 400%
建設業 210.3 207.8 101% 1265 414 306%
製造業 203.1 199.4 102% 1850 804 230%
電気・ガス・熱供給・水道業 196.9 198.4 99% 54 15 360%
情報通信業 208.5 209.8 99% 1380 888 155%
運輸業,郵便業 193.6 182.4 106% 517 318 163%
卸売業,小売業 204.2 197.4 103% 3049 1902 160%
金融業,保険業 206 197.5 104% 1225 1562 78%
不動産業,物品賃貸業 212.7 202.7 105% 312 273 114%
学術研究,専門・技術サービス業 212.2 212.2 100% 435 338 129%
宿泊業,飲食サービス業 201.2 188.1 107% 163 271 60%
生活関連サービス業,娯楽業 207.2 197.4 105% 244 299 82%
教育,学習支援業 207.4 196.4 106% 218 578 38%
医療,福祉 201.1 198.3 101% 541 1538 35%
複合サービス事業 169.2 173.7 97% 220 159 138%
サービス業(他に分類されないもの) 200.1 199.8 100% 499 305 164%

ついでに業種別の初任給の比較を見てみました。こうやってみると、金融・保険は、女性の採用数が多く、男女間の賃金格差もそこまで大きくなくて、女性に優しい職場になるんでしょうかね。

ちょっと意外なのは情報通信業。女性の初任給が男性を上回っています。男性は待遇が悪い情報通信業にも就職するが、女性は回避するのでこうなるって感じなんでしょうかね。

そういや、東洋経済が大卒初任給ランキングを作っていました。見ていると、情報通信業、特にソーシャルゲームあたりを手がけている会社はかなり上位に来ていますね。

(出典:衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だ | 企業ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準)

一位の商業開発が群を抜いていますが、まあ他は割りと常識的な範囲です。大卒初任給って、上位10%でも、たかだか23万円ちょっとなんですよね。個人的には、もうちょっと格差がついてもいいくらいじゃないかなあって思うんですね。

もっと給料で勝負する世の中にしてもいいんじゃない?

そういや海外ってどうなっているんでしょうね。そもそも、初任給ってなんって言うんだろう?と思ってgoogle先生に聞いてみたところ"starting pay"とか"initial salary"なんて言うみたいですね。どれくらい貰ってるんだろうなあと思って見てみると、あらびっくり。

 Median starting payMedian mid-career pay
Petroleum Engineering 102,300 176,300
Chemical Engineering 69,600 116,700
Computer Engineering 67,300 108,600
Nuclear Engineering 67,000 118,800
Computer Science & Engineering 66,700 112,600
Electrical & Computer Engineering 66,500 113,000
Electrical Engineering 65,900 107,900
Aerospace Engineering 64,700 107,900
Electronics & Communications Engineering 64,100 113,200
Materials Science & Engineering 64,000 105,100
Computer Science (CS) & Mathematics 63,200 101,400
Mechanical Engineering 62,100 101,600
Industrial Engineering 61,900 97,200
Software Engineering 61,700 99,800
Computer Science 61,600 103,600

(参考:College Majors With Highest Starting Salaries - Business Insider)

どう違うんだろう...という専攻もありますが、初任給でも普通に600万円くらいは貰えるんですね。

こんな記事もありました。

私は、米国のビジネススクール(ダートマス大学タック経営大学院)を30年前に卒業し、今では同校のアジア地区のアドバイザリーボードのメンバーをしています。数年前に学校側からあった説明では、授業料が1年で7万ドル近くに上昇しているというのです。2年制の大学院ですからその倍の学費がトータルでかかります。もちろんそれ以外にも生活費がかかりますから、卒業までには最低でも2000万円くらいの費用がかかります。多くの学生はローン(MBAローン)を組むなどして資金をねん出します。

しかし、無事卒業さえできれば、それはすぐに取り戻せるのです。実は、卒業生の卒業後3年目の平均サラリーは18万5千ドル(約1900万円)なのです。これは優秀な人だけの数字ではなく平均です。3年後でこのレベルですから、それ以降はもっと稼ぐ人ももちろん大勢います。中には億円単位で稼ぐ人も少なからず出てくるのです。

一方、日本では、一流大学を優秀な成績で卒業し、一流企業に入り順調に出世して部長レベルにまで出なって、ようやく先ほどのビジネススクール卒業後3年目程度の給与です。それも、かなり給与の良い会社ではないでしょうか。

「Japan is cheap」日本人の給料が破格に安いという認識が企業にはない | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

うーんこの差である。

社会保障制度の違いもありますし、欧州はもう少し厳しそうですが、どうしてこうなってしまったのか。いろいろ考えてはみたのですが、やっぱり思ったのが、日本の学生の『給料』に対する意識の低さなのかもしれませんね。

その背後にいる大人たちの責任が大きいような気がしますが、就職活動をしていても『やりがい』とか『安定性』とかを全面に押し出し、『給料』『労働環境』についてはなるべく触れないようにしていたような気がします。

勿論、それらも働く上で重要な要素でしょう。けれども、学生が、自分の経済的価値から目をそらしてしまうと、学業についても費用対価値の観点が疎かになります。そうすると企業もうかつには高い賃金を出すわけにはいかず、なんだか感情論が支配するいまいち良くわからない労働市場が出来上がります。

ちなみに、initial saralyで検索したときに表示された『お勧めの検索キーワード』はnegotiationでした。

この辺の考え方の違いもいろいろと差を生み出しているのかもしれませんね。

ではでは、今日はこのへんで。