読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

神戸で一番有名なホテルに泊まって失敗した話

おでかけ・お食事

こんにちは、らくからちゃです。

小学校や中学校は、もう既に夏休みのようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?サラリーマンになったら、数日しか夏休みがないのが辛いところですね・・・。一般的には8月の中旬のお盆の時期に、休みになる会社が多いかと思いますが、弊社は7月21日、22日が夏季休業日と有給取得奨励日でございます。

例年、お客さんの都合にあわせて休めないことが多いのですが、幸い今年は日程に余裕が有りましたので、がっつりお休みさせて頂きました(๑•̀ㅂ•́)و✧

そこで先日、妻と二人で地元神戸まで遊びに行っておりました。いつもは実家に泊まるのですが、今回は市内のホテルで一泊することにしました。そこで、神戸で一番有名な(?)あのホテルに泊まってみたのですが、ちょっと失敗してしまいましたので、今日はそんな話でも。

せっかくなので、旅日記も書いてみたいなー!と思いますので、よろしければ是非!ではでは、

いっくぞー( ・`д・´)

にしむら珈琲で朝食を

続きを読む

ポケモンGOは『非リア』『ぼっち』に精神的ダメージを与えるような気がした

ポケモンGO配信から一夜明けた。

昨日は、サーバーへログインしづらい状態になってしまったため、特に何もせずに過ごした。

 一晩あけた今日、無性にラーメンが食べたくなったこともあり、『どれ、ひとつポケモンGOとやらを楽しんでみるか』と街まで出かけてみた。いやー、ものすっごい量のポケモントレーナーですな。すれ違うひとで、スマホを操作している人のほぼ9割くらいはやってるんじゃねえの?ってくらいの勢い。

 

ポケモンGOのプレイヤーは、傍目から見てもすぐ分かる。ポケモンを捕まえるために行う特徴的なフリックの動作や、ポケストップと呼ばれるアイテムが貰える場所の近所に集まっているからだ。

そして、もうひとつ。『複数名でスマホの画面を覗き込んでいる』ということも大きな特徴として、挙げられるような気がする。

 

ラーメン屋さんまでたどり着く道すがら、何個かのポケストップへと立ち寄った。

『おいおい、こんなものまで登録したのかよ』と言いたくなるようなものや、『へー、こんなところにこんなものがあったんだ』と言いたくなるようなものまで様々だ。

住宅街の片隅の、普段ひとけのほとんどない、足を止める人は殆ど居なかっただろう空間で、何人もの『ポケモントレーナー』と思しき人々を見た。ひとりで楽しんでいる人もいたが、沢山のカップルや親子連れ、仲の良い友達同士と思われるひとたちが、ひとつの画面を覗き込みながら、笑顔で会話していた。

もう街中がそんな感じなのだ。

 

『ポケモンGO』という一つのテーマのもと、みんな楽しそうにプレイしている。『ポケモンGO』自身は、ひとりでもプレイできる、というか一人用のゲームだ。にも関わらず、まるで街全体でチームプレイをしているような錯覚さえ覚える。

これ、『非リア』や『ぼっち』と呼ばれるひとたちに対して、結構な精神的ダメージを与えることになるんじゃないだろうかと、ふと思った。

f:id:lacucaracha:20160723141838p:plain

勿論いままでも、街に行けば仲の良さそうなカップルと出くわすこともあったのだろう。しかし、あくまで自分とは違う世界の話と割り切れただろう。しかし、ポケモンGOが始まってからというものの、コンビニに行くだけでも、自分も同じようにプレイしているゲームを、カップルで楽しそうにプレイしている人たちとすれ違うことになる。

 

もともと、初代ポケモンが発売された時から、このゲームは『通信で交換・対戦することが出来る相手が居ない』人たちにとっては、現実世界での人間関係を持ち込まれて居心地の悪い感じのするゲームであった。

今回ポケモンGOがターゲットにする『ポケモン世代』もいまやアラサー世代。子どもと一緒に楽しむ人、夫婦で楽しむ人、会社の仲間と楽しむ人。色んな楽しみ方をするひとが居るだろう。ポケストップの周囲を歩けば、同世代の彼我の『コミュ力の差』を痛感するひとも多いかもしれない。

 

我々の世代は、『ポケモン』を通してコミュニケーションを学んだ人も多い。ポケモンさえやっていれば、学年が違っていても、学校が違っていても仲良くなれた。わたしのように、パソコンを使うようになったのも、ポケモンがひとつのきっかけだという人も多いと思う。

でも、その輪の中に入れなかったひとにとっては、随分と苦痛が多かったに違いない。

ポケモンGOにおいても、疎外感に苦しむ人が出なければいいんだけどな。そんな風に思う土曜日の昼下がりである。

iMac27インチ Late 2009 が故障したので行ったことと Late 2013に乗り換えた話

長年愛用してきたiMacが故障してしまいました。

既に、発売から7年、使用開始から6年近く経っている機種なので、そろそろ買い換えどきかなあとは思っていたのですが、いきなりのことだったので色々右往左往してしまいました。

パソコンは熱に弱いく、夏場に故障や不調を引き起こすことの多い製品です。もしかして、同じような人もいるかな?と思いましたので、ここ数日間行ってきたことをまとめさせて頂きます。どなたかのお役に立てば幸いです。

iMacが故障した?と思ったらやるべきこと

続きを読む

ポケモンGOとは何か?良くわからなかったので調べてみた

おすすめ

07/22:祝ポケモンGO配信開始!

こんにちは、らくからちゃです。 

生まれて初めて買ってもらったゲームは、ポケモンの赤でした。最初に選んだポケモンがゼニガメだったこと、トキワの森で一生懸命ピカチュウを捕まえたこと、カスミお姉さんにドキドキしたことは今でも思い出します。人生で一番思い出に残っている漫画は?と聞かれたら、やはりこの作品ですね。

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)

 

 まさに、人生をポケモンとともに過ごしてきた世代ですので、いまだにポケモンのニュースが出ると『ほほう』と見てしまいます。

 

そういや、世間では『ポケモンGO』の話題で持ちきりですね。

先日の七夕の日より米国でサービスが開始されましたが、もう既に大変な人気になっています。

6日夜に米国のiOS及びアンドロイド向けアプリストアで公開されたポケモンGOは、わずか5時間でチャートの1位に浮上。これは今年最大のヒットとされるモバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」の3分の1以下の時間だった。

その後もその勢いは衰えず、SimilarWebのデータによると7月10日時点で、ポケモンGOのデイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態となっている。

ポケモンGOが米国で大ヒット ツイッターに匹敵する利用者数 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

文章では分かりづらいかもしれませんが、このグラフを見て頂ければ、どれだけ凄いことなのか分かりやすいと思います。

f:id:lacucaracha:20160711175119p:plain

(  Д ) ゚ ゚

上記グラフは、アンドロイドにインストールされ、実際に利用されているユーザーの比率を示したものです。開始数日で、もう既にtwitterを上回る勢いで成長を続けております。その結果、何が起こったのか?

ストップ高、ゲットだぜ!( ´∀`)bグッ!

なんと一日で、任天堂の時価総額が6,000億円増えました。この勢いのまま、明日以降更に伸びる可能性もあります。いやー、すごいすごい。

 

・・・でも何が凄いんだ、これ(´・ω・`)

 

僕が現役のポケモントレーナーだったのは、もう随分と過去の話になってしまいました。いまいち『ポケモンGO』が何なのか?アメリカでなぜ大ウケしているのか?そもそも、どんなゲームなのか、さーっぱり分からないので、ちょっと調べてみました。

ポケモンGOとは何か?

続きを読む

参院選 千葉選挙区は、結局誰に投票したらいいんだYO!

トピックス トピックス-参院選

いよいよ選挙当日である。

そういや、『参院選ってなんだっけ?』レベルから、これまでいろいろと考えてきた。

というのも、そうやって仕組みから考えなおしたら『どこに投票したらいいのかしら?』が分かるかなあと思ったからなのだけれども、いまだに誰に一票入れればいいのか決め兼ねている。

参院選 千葉選挙区 立候補者一覧

続きを読む

『支持政党なし』と直接民主主義について考えてみた

トピックス トピックス-参院選

こんにちは、らくからちゃです。

先日、下記の記事の中でも少し取り上げてみたけれど、『支持政党なし』という変わった名前の政党が話題になっているみたいですね。

確かに今日も「どこに投票しようかなー」といろんな記事を読みながら考えこんでしまいましたけど、もうどこでもいいよー(´Д`)ハァ…と思いたくなる時もありますわな。選挙区は誰かに入れたとしても、比例区はもう『特に無し』でいいよ・・・というひとも多いのかもしれません。

前回の選挙では、

  • なし・・・無効票扱い
  • 支持なし・・・支持政党なしへの一票

となったそうですが、果たして今回はどうなるんでしょうね。

さてこの『支持なし』ですが、議席を得た場合、法案の採決の際には、自分たちの判断ではなく、ネットで行った投票結果を元に行動すると言ったことを政策として掲げています。

なるほどねえ。選挙で一票を入れたところで、選挙の時に言っていたことは実現してくれないし、だいたい全然関係のないことまでし始める。だったら、全部ネット投票にしやがれ(゚д゚)ゴルァと言いたい気分のひとも多そうですな。

『支持政党なし』は、『直接民主主義への挑戦』を標榜し、国民が直接政治に参加する方法を提案しています。インターネットが普及し始めたころから、『もう国会議員に決めさせるより、ネット投票で全部決めたほうが良くね?』みたいな意見は度々出てきたし、言わんとすることは分からんでもない。

国会議員のお仕事

もう国会議員なんかいらへんで!全部ネット投票で決めるんや!と言うのはいいけれど、議員のお仕事って、国会で議決権を行使することだけじゃないよね?

法案提出はどうなるんだろう?

『議決権を行使する対象』になる法案は、官僚が代筆するケースも多いけど、国会議員が法案を作って、提案する『議員立法』の件数も少なく無い。

直近の第190回国会では、内閣提出法律案が56件・議員立法が72件と件数では上回ってすらいる。成立件数では内閣提出法律案が50件に対し議員立法は18件と大きな差があるのはまあ事実なんだけど、国会議員も自ら法案を提出して作ることが出来るわけですな。

(参考:最近における法律案の提出・成立件数 / 内閣法制局)

こういった法案を書くお仕事をどういう風にするのか?『支持政党なし』のホームページを見てもあんまりよくわかんないんですよね。もっとも法案提出には最低20人の仲間が必要だそうなのでそれをクリアするところが難しいのだろうけど。

審議はどうなるんだろう?

あと提出された法案は、ただ『賛成!』『反対!』って投票するだけじゃないよね?普通は、各委員会で『これってどういうことよ?』と議論し、必要があれば修正案も行う。その前に、与野党間で事前協議をすることもある。

そこの議論への参加の仕方ってどうなるんだろう?それも全部ネット投票で『聞くこと・確認すること』みたいなのも集計して、票数が多かったものから優先して聞いていくって感じになるんだろうか?

聞くだけならいいけど、相手の答えに対して、再度確認・質問を行う内容ってどうやって決まるんだろう。

法律の問題点は誰が考えてくれるんだろう

あと市民が政治に直接参加する!っていうのは、理想的ではあるんだろうけど、本当にそんなことができるんだろうか。

例えば、今国会で成立したこちらの法案

国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等及び外国公館等の周辺地域の上空における小型無人機の飛行の禁止に関する法律案

すんげーざっくりまとめると『大事な施設の近所でドローン飛ばすなよヽ(`Д´#)ノ』ってことなんだけど、数えてみたら6000文字くらいある。簡単な法案に見えるかもしれないけれど、きちんと読み込まないと『大事な施設』の範囲がすごく広く設定されてしまい、大変不便なことになったり、誰かが損をすることになるかもしれない。

そんなのいちいちやってられるんだろうか。

『興味のあるものだけ参加する』ってスタイルになるのかもしれないけど、よくわからないうちに、なんだか大変なものが可決されちゃったりしないのだろうか。

同党のページを見ていても、なんだかその辺がしっくり来ないんだよなあ。

直接民主主義の課題

たしかに、いまの政治家がみんなちゃんと、上に書いたようなお仕事をやってくれているのか?と言われると怪しいし、この人法案ちゃんと読めるんだろうか・・・と思いたくなる人もいる気がする。

でも、『直接民主主義』のほうがよりマシなんだろうか。

例えばイギリスのEU離脱を決めた国民投票。どれだけのひとが、正しく判断するだけの知識を持っていて、本当に真剣に考えたうえで投票したんだろうか。

政治には、いろんなコストがかかる。それは、国会議員の給料や選挙にかかるお金だけじゃない。目には見えないけれど『政治のことを考えるために必要なコスト』だって掛かる。ざっくり言えば、投票所に行く時間をすべて時給換算すれば大変なことになるよね。とかね。

あとこれは何度でもいうけれど『民主主義=多数決』じゃないんだよね。一応過去記事のリンクものっけておく。

議論の前にしっかり勉強して、いろんな人で話し合って、ちょっとずつ妥協しながら折り合いのつく地点を探していく。それを全員でやろうとすると、とんでもない『コスト』がかかってしまう。だから代表を選んで代わりにそれをやってもらう。

もし、直接民主主義的な方法取った場合、『物凄いコストが掛かる』か『物凄く適当な政治』のどちらかになってしまうんじゃないだろうか。

もちろん、公約として直接民主主義を掲げるのはアリだし、そういったことを目指す政党を応援するのも自由だと思う。わたし自身も、本当にこの人たちは仕事してくれているんだろうか?と思うこともあるし、全然選挙のときに言っていなかったことをし始めたりと、もういっそ直接民主主義でもいいんじゃね・・・と思う時もある。

だけど、『支持政党なし』に投票をするのであれば、「このひとたち、採決の時以外は何をするんだろう?」くらいは考えたほうがいいと思うんだよね。

そこからもう一歩踏み込んで、『本来、国会議員の果たすべき役割ってなんだろう?』『どういった人を議員に選ぶべきなんだろう?』そういうことを考えるのはアリなんじゃないのかな、と思う。

投票日は明後日。まだ時間は残っているので、じっくり考えないとね。

ではでは、今日はこのへんで。

初体験は18の夏がいい

トピックス トピックス-参院選

こんにちは、らくからちゃです。

先日、ネットの海をぷらぷらと漂っていたところ、中々チャレンジング精神あふれるポスターを発見致しました。

f:id:lacucaracha:20160707110637p:plain

はーい!ちょっとえっちなことを想像したひとー!恥ずかしがらなくてもいいから手を上げなさーいm9(^Д^)プギャー

 

こちらのポスターは、和歌山リア10プロジェクトという団体が、今年から選挙権を得られるようになった10代に向けて作った投票率向上を呼びかけるポスターなんですね。

他のものも見てみるとこんな感じです。

 

f:id:lacucaracha:20160707111349p:plain

いやー、大変良く出来ている。まずは何より『話題になること』が大切な現代社会。ふと目に入った時に『これはなんだろう?』と思いますし、いまこうして私のように『良く考えたな〜』とシェアされるように考えられていますね。

そして、下の丸い部分が、和歌山特産のみかんでしょうか。シンプルなデザインですが、最も必要なキーワード『7月10日参議院選挙』が強調されていて非常に良いですね。

キミのつぶやきは、政治家の声よりも、同級生を動かす。

続きを読む