読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

初体験から10年経つのに妻とのその行為が未だに上達しない


妻とはじめてその行為を行ったのは、いまからちょうど10年前の今頃の季節だった。

 

当時は東京と神戸との間での遠距離恋愛だった。お互いに学生でお金もなく、年に数回程度の会える日を楽しみに、毎日のようにアルバイトに勤しみ旅費を貯めた。片道5,000円の夜行バスに乗り、夜は一泊1,000円ちょっとのネットカフェで過ごしていたが、そんなものは全然苦にはならかった。

 

ただいくら切り詰めても資金には限りがあり、一度の旅で会えるのは数日間しかなかった。電話やメールは毎日のようにしていたけれど、この機会を逃せば手を握ったり髪を撫ぜたり出来るのは、何ヶ月も先になってしまう。ひとつでも恋人らしい行為をしてみたかったのだと思う。妻に申し出たとき、何もこんなところで、と困惑されたが、遠くから来てくれたのだし仕方ないかと思われたのか、根負けしたのか、不承不承ながらも体を許してくれた。

 

まだ肌寒さの残る公園のベンチで、私は明らかに興奮していた。

 

下半身に掛かる吐息、肌のぬくもり。私も妻も、異性とそうした状況になるのは初めてのことだった。明らかに妻は怯えていた。しかし冷静さを失っていた私は、妻の体が自分のものと異なることを考慮せず、いつも自分で行なう時と同じ感覚で妻の体の中をかき混ぜた。妻は悲鳴をあげ、かなりの量の出血をさせてしまった。

 

10年経ったいまでも、その時の記憶から妻は私のことを警戒している。

 

遠距離恋愛から近距離恋愛、そして同棲、結婚したいまとなっては、ぐんと回数も増えた。いまでは週に1回は行っているにもかかわらず、未だに妻は私のことを信じてくれない。

 

よそのご家庭ではどうかわからないが、我が家ではお風呂上がりに行なうことが多い。髪を乾かした後の、上気した妻の頬に垂れている髪を耳にかけ、溜まってるんじゃない?と囁く。いいよ自分でするもんと言い張る妻に、甘い言葉を囁き拝み倒して、妻の体を押し倒す。

 

入り口の柔らかい部分を左手で優しくつまんで軽く引っ張り、良く見えるように姿勢を整える。まずは緊張を解きほぐすためにも、外側の部分から攻めていく。右手に手にした棒で、襞の間を刮げていった後、妻の内側を目指す。

 

ひとこと、中に挿れるよとは言うのだが、何もしないうちから既に妻の体は強張っている。お願いだからゆっくりね!と繰り返す妻の体にゆっくりと挿入していくものの、妻の体は震えている。大丈夫、大丈夫と妻を宥めながら奥を目指す。

 

そんなに奥はやめて!と妻は言うのだが、実を言うと先の部分しか入っていないことも多い。中までたどり着いた後は、時間にして1分ほど、円を動くように先端を動かす。妻はその都度ひっとしながら目をぎゅっと瞑る。ことが終わったあとは、やれやれ開放されたという表情をしているのをみると、しないほうがいいのかな、なんて思うこともある。

 

実際、あまり頻繁にしないほうがいい、というか全くしないほうがいいと書かれた記事も読んだ。でもエゴかもしれないが、妻と触れ合うこの時間は私にとって格別なものなのだ。ただ夫婦である以上、自分ひとり気持ちよくなっても仕方ない。だからせめて、多少なりとも上手くなりたいものだと思うのだが、妻以外の女性とそうした行為を行ったこともない。果たしてどうしたら上達するのだろうか。

 

本当に、耳かきは難しい。

コミック版 新婚さんいらっしゃい!?

コミック版 新婚さんいらっしゃい!?

  • 作者: 上杉可南子,緒方貴子,たちばなかおる,柏屋コッコ,坂本つくね,秋月カイネ,芹沢梨花,土屋朝子,青月まどか,高宮ニカ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 最後までどうもありがとうございました

関連記事