読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

津田沼在住3年目の社会人が住みやすさとかについて書いてみるよ

津田沼・船橋 生活・節約・家計


 

f:id:lacucaracha:20100929115406j:plain

津田沼に引っ越してきてから、3年近くが経ちました。津田沼の魅力や、新居を探すにあたって検討したことなどを記録させて頂きます。まずは、津田沼の利点について記載致します。

津田沼の利点①:交通アクセスが良い

津田沼駅は、総武線快速中央・総武緩行線を利用することが出来ます。総武線快速を利用すれば、30分未満で東京駅まで出ることが可能です。ちょうど、吉祥寺から東京駅までの時間と同じ位ですね。(住環境も似ていると思います)

また、朝夕のラッシュ時限定にはなりますが、東京メトロ東西線への直通電車も津田沼駅から発車します。特に、朝のラッシュ時に関しては、始発駅となるのも大きな利点です。だいたい、8時台であればほぼ9割型座って通勤することが出来ます。

また、立地次第では京成津田沼駅の利用も可能です。成田空港まで40分弱で到着することが可能です。また、ローカルな路線にはなりますが、新京成も含めれば、5路線を利用することが可能です。

津田沼の利点②:買い物の利便性が非常に高い

津田沼駅駅前は、千葉県内で最もと言えるほど商業施設が充実しています。主要のショッピングセンターを上げると

  1. モリシア津田沼 ・・・ 33,158平米
  2. イオンモール津田沼 ・・・ 30,655平米
  3. イトーヨーカド津田沼 ・・・ 16,389平米
  4. パルコ ・・・ 15,310平米
  5. ミーナ津田沼 ・・・ 8,796平米

と、これでもかと言うほど商業施設が充実しています。また、専門店としてもユザワヤ津田沼店や丸善津田沼店があります。更に、ららぽーと・イオンモール海浜幕張といったメガモールにもバス一本で行くことが可能です。

津田沼の利点③:わりと自然環境豊か

近年、住宅街として急速に発展した津田沼ですが、少し郊外まででれば、田園地帯の残るのどかな地域です。駅から20分くらいあるけばもうこんな景色です(笑)

f:id:lacucaracha:20140712143740j:plain

また、海までも徒歩30分くらいの距離で行けてしまいますので、ちょっと気晴らしに行くことも可能です。また、駅前は割りと殺風景ですが、市内の各所に緑地や公園も整備されています。

 

では、次は物件探しのポイントについてご説明したいと思います。