読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

遊べる園芸屋"the Farm UNIVERSAL"が面白い



こんにちは、らくからちゃです。

ここ最近、総務部が『職場の緑化運動』と銘打って、至る所に観葉植物を置き始めました。殺風景な弊社オフィスも、目に優しい感じになりました。ところで皆様はご自宅で何か植物を育てられていますか?我が家ではシークワーサー(愛称:シーサー)を育成中です(๑•̀ㅂ•́)و✧

普段は妻が面倒を見てくれているのですが、『そろそろ新しい園芸用品が欲しいなあ』と言われまして、折角なのでいつもと違うお店に行ってみたいなあと検索して出てきた"the Farm UNIVERSAL"というお店に行ってきました。

このお店、園芸に全く興味のない人にも一日中楽しく過ごせるお店ですごく良かったのでお伝えしたいと思います。

the Farm UNIVERSALが凄い

場所は、千葉市動物公園からもう少し先に行った『フレスポ稲毛』というショッピングモールの中にあります。車じゃないとかなり不便かもしれません。なお系列店(本店)が大阪にもございますので、関西の方はそちらも是非ご確認ください!自宅から車を走らせること30分。結構広めの駐車場のある良いモールです。えーっと、このへんかしらと向かったあと出てきたのがこちらのお店。

 

あれ、おしゃれじゃね?

園芸店っていうと、ホームセンターの前の方にある土っぽい感じの世界を想像してしまいますが表参道のカフェかな?って感じの外観です。というか実際、中にカフェがあります

f:id:lacucaracha:20170220010734p:plain

(引用元:WELCOME | the Farm universal)

公式サイトに掲載されている地図を引っ張ってくるとこんな感じ。この絵だけだと分かりづらいんですけど、店内はかなり広いです。お店に入るとこんな標識がありました。

これ撮影OKってことですよね...?多分。撮影禁止の表示もありませんでしたし、ここは都合よく解釈させて頂きますが問題あったらごめんなさい。

しかし、ユニバーサル・・・園芸店・・・どこかで聞いたことがあるような。

うーん。

うーーーん。

うーーーーーーーん。

( ゚д゚)アーッ!
わたし、株主でした。

以前下記記事でもご紹介いたしましたが、レンタル観葉植物を行っている会社ですごく伸びている銘柄を見つけてポートフォリオに入れさせて貰っておりました。

オフィスに置かれているような観葉植物のレンタル屋さん。市場はかなり限定された分野だけれど、小売や卸売にも手を出し、現在爆速で売上高増進中。市場全体として、個人経営の中小規模の店舗が多く、シェアを伸ばす余地は多そう。

 うん・・・、そういやこんなの書いた記憶あるわ。IRで読んだ時には『ふーん、小売なんかもやるのか〜』くらいにしか思っていませでしたが、まさか身近なところでこんな面白いことしてくれてるとは思ってもいませんでしたよ。

"the Farm UNIVERSAL"の魅力について説明します

というわけで改めましてこんにちは。

株式会社ユニバーサル園芸社株主のらくからちゃと申します( ー`дー´)。本日は当社直営店である"the Farm UNIVERSAL"の魅力について、僭越ながらわたしから説明いたします。お店のコンセプトは、下記の通りでございます。

緑に囲まれたカフェ、迫力の植物園
植物を体感しながら花苗や大きな庭木、観葉植物、珍しい多肉植物など
自分にあったたくさんの植物と出会い、
植物を愉しむための充実したツールやスポットを見つけたりする。
the Farm UNIVERSALは大人から子供まで全ての人が
植物を愉しむためのガーデンセンターです。

CONCEPT | the Farm universal

1.一日中居ても飽きない

店内には、多種多様な植物が取り揃えられています。運営しているユニバーサル園芸社は、造園や緑化事業など、空間コーディネートに関わる事業を手がけてきましたので、ディスプレイの仕方も含めて工夫された店舗づくりとなっています。

建物の中だけではなく、外には見慣れたお花たちも沢山ありますね。

また温室も併設されており、かなり珍しい多肉植物も数多く展示されています。

ばんざーい。

ぱぱっと見て回ったとしても、1時間位はかかかるでしょうか。密度が高く、面積以上に見応えがあります。好きな人であれば、一日中でも居られそうなお店です。もはやただの『店舗』というより『テーマ・パーク』といっても良いくらいのボリューム感があります。勿論入園料はかかりません(笑)。

2.植物のある暮らしが見える

珍しい植物だけでなく、園芸を行うにあたって欠かせない鉢や土、各種園芸用品も充実しています。

こういったアイテムについては、かなり多くの物が取り揃えられていますので、いろいろなライフスタイルに合った商品があり、かなり広く比較検討することが出来ます。

多肉テラリウムも楽しそうだなあ。

『植物のプロ』が多数常駐しているのは当たり前のこととして、こちらでは更に『お庭づくり』『空間デザイン』のプロに相談することも出来ます。園芸が趣味のひとにとっても勿論、店舗運営を行なうビジネス用途としてもかなり心強いのではないでしょうか。

3.家族で一日中楽しめる

ご家族でもご来店頂きやすいように、店内にはキッズスペースが設けられています。絵本や玩具などもありましたので、もしお子さんが飽きてきてしまってもバッチリです。

店舗にはカフェが併設されています。

緑あふれる空間の中で、ヘルシーなメニューを頂けます。

お値段は若干高めです。同じモールの敷地内に、回転寿司やココ壱もありますので、気分に合わせて選んで頂ければよいかと思います。

カップルでデートに来ても楽しいでしょうし、新婚夫婦が家に置く植物を選びに来ても楽しいですし、親子連れで子供と一緒に探検してもきっと楽しいはずです。動物園のすぐ近くですので、植物園にもあわせて行くつもりで、前後に立ち寄ってみても良いかもしれませんね。

新しい世界への扉には価値があると思う

実際の店内は、わたしの下手な写真よりもずっとずっと素敵な空間です。時間を経つのを忘れて魅入ってしまいました。

さて皆さんは『園芸』というとどんなイメージでしょうか。『園芸なんて自分には縁のない世界』と思っている人は多いんじゃないでしょうか?でも、このお店に来れば、ぐっと園芸が身近なものに感じられます。サブカルな本や雑貨を扱っているヴィレッジ・ヴァンガードは、自社のことを『遊べる本屋』と定義していますが、the Farm UNIVERSALはいわば『遊べる園芸屋』です。ただそこに行くだけで、なにかワクワクするものがたくさんあります。

ネットの普及によって、色んな専門的な知識を得ることは随分と簡単になりました。しかし、素人が新しい世界に飛び込むためのハードルは高くなってしまったのかもなー、なんて思ってるんですけど、いかがでしょう?以前こんな記事も書きましたが、すごく興味があるわけでなくともちょっと試しに新しい世界に触れることの出来るお店の存在って、すごく大事じゃないのかーなんて思うんですね。

幸せな生活を作ろう

園芸は『古臭い』世界とお思いの方は少なくないと思いますが、エコブームなどの流れにのって、まだまだ成長の余地があるビジネスのひとつです。同社の利益も、ここ数年間ずーっと成長を続けています。

f:id:lacucaracha:20170220024638p:plain

f:id:lacucaracha:20170220022447p:plain

(出典:ユニバーサル園芸社HPより)

小売事業は、残念ながらまだ利益を生み出せる状況ではありませんが、今後の黒字化はそこまで遠くないように見受けられます。

f:id:lacucaracha:20170220023052p:plain

(出典:ユニバーサル園芸社2016年6月期 決算説明資料より)

そして、新しい需要を作り出してビジネスを生み出すという観点からは、小売事業の進展は非常に注目すべきだと思うんですね。ここで『緑のある空間っていいかも』と思った人が増えることは、同社の主力事業であるグリーン事業の成否に直に影響してきます。もはや、ただ商品を並べて売るだけで利益が出る時代でもありませんし、お客様の声に応えているだけでもジリ貧です。大事なことは『お客様の予想を超える何か』をどう提案するのかではないのでしょうか。

それが出来るお店じゃないのかな、と思いますので是非足を運んでみてください。

ではでは、今日はこのへんで。