読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

『電動ドライバー』は引越し前に準備しておく必需品のひとつだと思う



あらトム、そういや引越しは先週だったかしら。もうそろそろ落ち着いた?

やあメアリー、それがまだ全然さ。特に家具の組み立てが大変でね。もう夢の中でもドライバーを回している状態さ。

手がパンパンじゃない! まるで夢と魔法の国の齧歯類ね。

やっと組み立て終わったと思ったら上下が逆さまで、妻には『この椅子、背もたれを腹もたれとして使うの?』なんて言われたり散々さ。

なら、ちょうどいい商品があるわ! コレよ!

ベッドを買い換えようと思いまして

こんにちは、らくからちゃです。怪しげな深夜のテレビショッピング風に初めて見ましたが、本日は個人的な『どうしてこれ早く買わなかったんだろう大賞』から1000円台で買える電動ドライバーのご紹介をさせて頂きたいと思います。

引越してきてから同じベッドを5年間使ってきたのですが、安物だったからか、新婚さんに有りがちな(?)アグレッシブな使い方をしすぎたからなのかガタが来てしまいまして、買い換えることに致しました。

安物の組み立て式ですので、廃棄の際はネジをばらしてバラバラにすることになります。通販で買える安い家具ってこういうの多いですよね。ただまあ、組み立てたときもそうだったのですが、案外ドライバーでネジを締めるのって大変です。ずーっと回してると、手がパンパンになっちゃうんですよね。

『なんか電動ドライバーとかあれば楽できそうだなー。そういや近所のホームセンターでレンタルとかやってたなあ。でも買ったら幾らくらいするもんなんだろう?』と思ってAmazonで見つけたのがこちら。

 お値段1045円(2016/10/12現在)

 やっす!(  Д ) ゚ ゚

正直、3倍くらいはするもんだと思ってたので、おめめがぽーんですよ、ぽーん。この値段なら、下手すりゃ普通のドライバーより安いかもしれません。しかも電池式で取り回しも良さそう。

まあ安物買いの銭失いは覚悟の上で買ってみましたのでレビューしてみます。

高儀 EARTH MAN 6V 乾電池式 ミニドライバー DDR-140CL レビュー

まずこちら、乾電池式で単3電池4本で動くのですが、電池は付属しません。ご自宅の電池がなければ、合わせて購入されることをお薦めいたします。

ドライバーのヘッド部分(?)は、プラスが3つとマイナスが2つ付属していますので、こちらを交換してすぐに使えます。

ただなんというか、サイズについては割りと似たような大きさのものばかりで、もうちょっとバリエーションがあってもいいかなあ?とは思いました。

サイズは手軽で良いですね。手のひらに丁度収まるくらいです。その割にはパワーはかなり強力で、かなりきつく締めたネジもらくらく外すことができました

操作は単純に『締める』『緩める』しかありません。残念ながら、強弱を調整することは出来ないのと、締め切ったら空回りするような機能はありません。

実際に動いているところが見たいぜ!という人の為に動画も取ってみました。

www.youtube.com

全く無意味に、ベッドサイドにあったライトのネジを外してみました(ノ∀`)アチャー

ほんと一発で外れて中々爽快です。

良くないポイント

ただ実際に使ってみて、これは・・・と思ったのが、やはり強弱を調整出来ないところですね。高級なものでは、締め終わったあとは空回りしたり、強弱を調整できるものもあるみたいですが、残念ながらそこまで高機能ではありません。締め終わったあともずーっと回していますので、タイミングよく止めないと、空回りしてネジ頭を傷つけることになります。

また、ヘッド部分がマグネットじゃないのもちょっとマイナスポイントですね。パワーを調整出来ないので、外す時も注意していないと、ポロッと落ちてしまいます。

あとこれは、『希望』になりますが、なくしちゃいそうなので、本体にヘッド部分を格納出来ればなお良かったかなあと思いますが、今後の新製品に期待ですね。

電動ドライバーは引越し前に準備しておく必需品のひとつだと思う

色々と思うところはあるのですが、なにせ1000円ちょっとの商品で、ここまで幸せになれたのは予想外でした。組み立て式家具を販売する業者は、『合わせて買いたい』でレコメンドしておいても良いかもですね。

特に引越しをしたりする際には、延々とドライバーを回し続けることになります。関西のたこ焼きプレートのように、一般のご家庭に普及してはいないと思いますので、転居祝いとしてプレゼントするのもありかもしれません。

あたらしいベッドが届くのが楽しみです。

ではでは、今日はこのへんで。