ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

タイ出張でスマホに現地SIMを入れて使ったら非常に快適だったのでまとめておく


サワディカー!らくからちゃです。

本日、10泊11日のタイ出張から、無事帰国致しました!あんなことやこんなこと、いろんな事件がありました。時々おちこんだりもしたけれど、私は元気です(ºωº)。お仕事の話は書けないところが多いのですが、タイでの出張生活的な部分については、可能な限りシェアしてみたいなあと思います。

長期の出張生活で辛いのは、妻と晩御飯が食べられない、妻とお風呂に入れない、妻と一緒に寝ることが出来ないなど多岐にわたります。特に海外出張で困るのは、『スマートフォンでインタネットに接続する』という基本的人権がそのままでは行使出来ない点です。

お使いの携帯電話会社によって、プランは異なると思いますが、私が契約しているmineoさんでは、海外滞在時向けに、下記のようなプランを提供しています。

f:id:lacucaracha:20170805215446p:plain

(出典:料金とサービスエリア|mineo(マイネオ)海外用プリペイドSIM)

高くね?

国内での利用と比較すると、1GBで9,800円はちょっとお高い。そこで今回、旅行者用のSIMカードを調達し、利用してみたところ

1.5GBで645円

でございましたのでご報告いたします。

タイの通信事情

普段利用しているスマートフォンが、SIMフリー端末であれば、旅行者用のSIMカードを購入し、設定することで現地でも利用することが可能です。

タイには、

  • AIS
  • dtac
  • True move

の3社で市場シェア97%を占めるメガキャリアとして携帯電話サービスを提供しています。それぞれ旅行者用のプリペイド方式のSIMカードを提供しています。ぶっちゃけ、料金面ではそれほど大きな差はありません。都市部では新興のTrue moveの回線速度が優秀という話がありますが、提供エリアなどの面ではシェア4割を超えるAISが優秀ですので、安全性を重視するならばAISが良いような気がします。

SIMカードの料金体系について

じゃあ、AIS社のSIMカードの料金体系について見てみましょう。2017/08/05現在では、こんな感じになっています。

f:id:lacucaracha:20170805223220p:plain

うん、これだけだと意味わからないですよね(笑)。ざっくりまとめるとこんな感じ。

商品名 金額 期間 容量 通話料
1.599バーツ 約2000円 15日 4GB 100バーツ
2.299バーツ 約1000円 7日 2.5GB 100バーツ
3.49バーツ 約200円 なし なし 15バーツ

皆さんLINEなどの利用がメインだと思いますので、あまり気にしないかと思いますが、普通に通話もできます。その場合、事前にチャージされた通話料から引かれていきますが、一分間のタイ国内通話は1バーツだそうです。

むしろ気になるのはインターネットですよね。

指定期間の範囲内であれば、インターネットが無料で使えます。さらに指定容量の範囲であれば、高速通信が利用できます。指定期間を過ぎてしまうと、通常の通話と同じ扱いになり、チャージされている通話料からどんどん引き落とされていきます。最終的に、通話料のチャージ分がなくなると、インターネットも利用できなくなります。

SIMカードは事前調達がオススメ

SIMカードは、空港のカウンターで購入できます。販売員のお姉さんに『これください!』と指を指すだけで大丈夫です。そうすれば、勝手にSIMカードの差し込みからセッティングまでやってくれます。ただ時間帯によっては、非常に混雑していることもありますし、言葉の通じない販売員と会話するのが苦手なひともいるでしょう。

ただこのSIMカード、Amazonでも販売されています。

設定は自分ですることになりますが、日本語で分かりやすく書いた説明書もついていますし、何も迷うことは有りません。機械音痴なひとでも、割りと簡単に設定することが出来るかと思います。

通信速度はどれくらい?

通信速度も気になるポイントだと思います。今回利用したAISのネットワークは、だいたい常時1Mbpsは出してくれました。

 普通に、LINEやネットサーフィンをするくらいでは全く問題ありませんでした。通信速度の計測は、アマタの工業地帯で行ったのですが、特に遅いと感じたことや、回線が繋がらなくなったことはありませんでした。

また、テザリングも問題なく使えます。

容量が足らなくなったときは?

指定の期間や容量を超えてしまうようなときに、どうやって容量を追加するのかも気になるポイントですよね。

先に書きましたが、事前に指定されている通話料の残量が残っている限り、ネット接続は可能です。残高のチャージを、タイでは『Top Up』と言うようです。残量のチャージは、コンビニでも簡単に出来ますが、言葉の通じない相手とのコミュニケーションって不安ですよね。

そんなあなたにオススメのページがこちら。

使っているSIMの電話番号を指定すれば、そのSIMに対しての残量のチャージを、クレジットカード経由で出来ます!なおSIMの電話番号は、SIMを有効化した際に送られてくるメッセージに記載されているはずです。

チャージした金額から、インターネットのパッケージを購入すれば、通信残量を増やすことが可能です。androidであれば、まず"my ais"というアプリを入れておきましょう。

 こんな感じに、現在の通話残量やデータ通信の残量も確認できますが、通話残量からインターネットパッケージの新規購入も可能です。Packageという項目から、期間と容量を選び、選択すれば適用完了です。もし足らなくなっても、追加は簡単ですね。

まとめ

海外(タイ)でも、案外簡単にSIMカードの差し替えでそのまま端末を利用することが出来ました。ネットにさえつながれば、困ったときも色んな情報が手に入ります。タイへ出張の際には、まず真っ先にやっておくべきことの一つのように思います。

何かのお役に立てば幸いです。

ではでは、今日はこのへんで。