ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

Google Mapの乗り換え検索を使いこなす5つのコツ


f:id:lacucaracha:20171104221335p:plain

こんにちは、らくからちゃです。

ここ最近、ほぼ毎日のように外勤です。たまになら気分転換になるけど、こうも続くと参っちゃいますね。

しかし今の時代に生まれてよかったなあと思うのが、ネットでの乗り換え検索があること。『その時間に新宿行きたかったら、これがええんとちゃうの?』と教えてくれる乗り換え検索は、大事なビジネス・パートナーのひとりです。(昭和のサラリーマンってどうしてたんでしょうか・・・?)

ところで皆さんは、乗り換え検索に何をご利用ですか?

  1. 駅すぱあと
  2. 駅探
  3. ジョルダン乗換案内
  4. 乗換NAVITIME
  5. Yahoo!乗換案内

あたりが有名みたいですが、どれをお使いですか?ちなみに私が普段使っているのはGoogle Mapです。

0.ここが凄いよGoogle Map

皆さん、Google Map使ったことあります?たいていのひとが何らかの形で使ったことはあると思います。眺めているだけで小一時間たってしまう悪魔のサイト知らない場所を調べるときに非常に便利なサイトですが、乗り換え検索機能もかなり充実しています。

まずは行き先をGoogle マップから検索っと。東京タワーでも行ってみますかー。そのあと『ルート・乗り換え』と書かれているところを選択して

f:id:lacucaracha:20171104211511p:plain

出発地点を選択すればOKです。ついでに、到着時間・出発時間を指定することも出来ます。

f:id:lacucaracha:20171104211843p:plain

そんでもって『ルートをモバイル端末に送信』を選びますと、Googleのアカウントに紐付けられた端末や、メールアドレス、SMSで送信することが出来る。凄い!!

f:id:lacucaracha:20171104212812p:plain

Google Mapの凄いところは、他の乗り換え検索が『駅から駅』であるものが多いのに対し『場所から場所』で検索が出来るんですね。結構ラフに、お客様の社名をぶち込んでも、場所をちゃんと探してくれるので、仕事の効率が段違いです。

ここまではだいたいのひとが既にご存知かと思います。

1.Google検索で乗り換え案内をして貰おう

ただ、いちいちGoogle Mapを開いて、細かい条件を入力するのって、面倒くさくないですか?実はこれ、Google Mapを開かなくとも、Googleで検索するだけで可能です。

やり方は簡単。そのまま検索するだけ。

f:id:lacucaracha:20171104213427p:plain

このように、『◯◯から☓☓』の形式で検索するだけ。

じゃじゃーん!!

f:id:lacucaracha:20171104213631p:plain

こんな感じで、Googleの検索結果に表示されます。

2.移動手段を指定しよう

ただこの検索、標準だと『車移動』で表示されることが多いです。都内に住んでいると、車で移動することなんて中々ないですよね。

そんなときは、検索条件に『電車』と指定してみましょう。

どうだー!!

f:id:lacucaracha:20171104214024p:plain

見事、電車に限定されましたね! ちなみに『徒歩』も指定できます。ちょっと遠いなw

f:id:lacucaracha:20171104214215p:plain

3.移動時間を指定しよう

こうしたルートを調べているのって、いますぐ出発するわけじゃない場合も多いですよね。そんな場合は、出発時間を指定してみましょう。

指定は、検索条件に『午前9時到着』みたいな風にすればOK

f:id:lacucaracha:20171104214753p:plain

もちろん日付の指定もできるぞ!!

更に言えば

f:id:lacucaracha:20171104214924p:plain

みたいに、『明日』『明後日』みたいなキーワードも拾ってくれるので大変便利。あとは『水曜日』などと指定すれば、直近のその曜日を参照するみたい。

余談ですが、飛行機も検索できます。

f:id:lacucaracha:20171104215423p:plain

4.自宅や職場を登録しよう

あと、行き先が観光地とかであればいいけど、自宅に変える最短ルートを調べたいときなんかに、いちいち住所を入力するのは面倒ですよね。Google Mapには、自宅の住所を簡単に登録することが出来て、検索条件に利用することが可能です。

設定は簡単。Google Mapを開いて『自宅』と検索する。未登録の場合、『場所を設定』をクリックすれば、場所を設定することが可能です。

f:id:lacucaracha:20171104220152p:plain

同様に『職場』も登録が出来ます。打ち合わせ後、会社に不本意ながら帰らなきゃならないときなんかにも役立ちますね。

5.現在地で検索しよう

そろそろ忘年会が増えてくるころだと思いますが、家までの終電を調べたい!そんなことも多いと思います。

ここまでの検索はすべて、スマートフォンでも同じように行うことが出来ますが、『今いるここから自宅までの終電を調べたい!』なんてときは

『ここから自宅 終電』

で検索すればOKです。(流石に画像は割愛)

なおこれ、スマホだけじゃなく、GPSを搭載していないPCでも利用できます。おそらくネットワークなどで判断しているんでしょうけど、かなり正確に現在地を当てるので、びっくりするくらいです。

注意点

たいへん便利なGoogle Mapの乗り換え検索ですが、注意点があります。それは、乗り換え時の移動時間の判定が結構シビアというところ。

その他の乗換案内のサイトでは、乗り換え時の移動時間を『ゆっくり』『せかせか』などと指定できます。ですが、Google Mapの乗り換え検索では特にそうした指定がない上に、のんびりしていると乗り過ごしてしまうルートを選びがちなんですよね・・・。

普段のルートであれば良いのですが、初めて行く場所でキョロキョロしていると一本乗り過ごし羽目になりかねません。東京で消耗していると、電車はすぐに来るのが当たり前になってしまいますが、地方への出張も同じ感覚でいると、次の電車が2時間後だったりしてタクシーを使わざるを得なくなることもあります。

あと『午前9時』は認識してくれるのですが『9:00』は『21:00』で検索されてしまいますね(2017/11/04現在)。その辺もご注意頂ければ幸いです。

ではでは、今日はこのへんで。