読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

Oracle10gのクライアントを久々にセットアップして生じた問題と解決策について



久々にOracle10gのクライアントをセットアップして、思わぬところでつまづき、終電間際まで作業してしまいました(´Д⊂グスン

同様の症状で困った人が居た時の為に、各種ヒントをWeb上に残しておいてくださった先人たちに敬意を表し、わたしの記録も残しておきます。

背景・経緯

某社社内保守DBサーバのバージョンがoracle9i、わたしのパソコン(Windows7 64bit)にインストールされているoracleは11g。11gのクライアントから、9iのサーバへは接続出来ない。

その際、弊社プログラムが32bitプログラムであり、32bit oracleクライアントが必要なため、Oracle 10g 32bitをインストールしました。

発生したエラー

発生した状況としては、以下のとおりです。

  • 弊社32bitブログラムから保守DBサーバへの接続 ⇒ NG
  • SQLPlusでの保守DBサーバへの接続 ⇒ 下記エラーが表示されNG

SP2-1503: Oracle Call Interfaceを初期化できません
SP2-0152: Oracleが正常に機能していない可能性があります。

  • Object Browserでの保守DBサーバへの接続 ⇒ 下記エラーが表示されNG

ora-03134:このバージョンのサーバーへの接続がサポートされていません

やってみたこと

  1. 環境変数が正しく指定されているか確認
  2. 下記サイトを参考に、Windowsの権限を追加

SP2-1503: Oracle Call Interfaceを初期化できません。SP2-0152: Oracleが正常に機能していない可能性があります。 | shiggy08' ROOM

で、ダメ(´・ω・`)

これで大丈夫だった

 Oracleクライアントは、10gR2の『すっぴん』だったが、10gR2SP3まで上げる。これで、『SP2-1503』『SP2-1502』は解消され、弊社32bitプログラムから保守環境への接続はOK。

ObjectBrowserは、環境変数を上から舐めていった結果、32ビット版を無視し、11gR2 64ビットのものを見に行っていたようなので、10gR2 64ビットのインスタントクライアントの中身(oci.dllとか)を、ObjectBrowserのフォルダ直下に配置し、パスにカレントディレクトリを追加。

 

まったく、それだけのことだったのですが、随分と遠回りをしてしまいました┐(´∀`)┌