読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

津田沼の不動産屋さんの比較(賃貸)

津田沼・船橋


こんにちは。

ページのアクセスデータを見ていると、『津田沼 住みやすさ』とか、『津田沼 不動産』などのキーワードアクセスがちらほら見受けられました。

もう既に、こちらに越してきてから3年にはなりますが、津田沼で家選びをした際の記録を残させて頂こうと思います。

津田沼での家選びのポイント

 家選びを行うにあたって利用したサイトは下記の3つです。

その他の、『賃貸』のキーワードで出てくるページは、ほとんど独自の物件は無かったので、検索利便性からいっても、上記3つで十分カバー出来ると思います。

駅チカは諦めよう

賃貸住宅を借りようとするのであれば、学生さんか若手のサラリーマンが多いと思います。となると、最も気になるのが『駅までの距離』になると思いますが、残念ながら津田沼では、駅チカ物件が殆どありません

この地図だとわかりづらいかもしれませんが、駅の徒歩5分圏内は、千葉工業大学、パルコ・イオン・モリシアなどの商業施設、予備校等で占められており、ほとんど住宅がありません。その為、検索キーワードに『徒歩5分』と入れていただくと、大変残念な結果になります。

その代わりといってはなんですが、駅前に若者向けの商業施設(しかも夜遅くまで開いている)が多く、若いカップルには非常に便利な街になっております。また、東西線については始発駅なので、その分を勘案し、駅までの距離は諦め、『徒歩10分以内(1R7万円くらい)』から『徒歩12分以内(2DKで7.5万円くらい)』の範囲を狙っていくのが良いかと思います。どうしても、駅チカが重要なのであれば、おとなりの東船橋あたりがお勧めです。

1R以外の流動性が非常に低い

津田沼ですが、近隣に大学が多いこともあって1Rのマンションはそれなりに多いのですが、二人暮らし・子育て世帯用の1DK,2LDK等の物件は少ない(特に、家賃の安い築年数が少したったもの)のが現状です。また、これらの物件については、入学シーズン等の季節性は無く、空いたところから埋まっていく状況となっています。

競争は非常に激しいので、事前に調査し、狙いを定めておくことが重要です。そんな時に便利なのが下記のサイトです。

既に掲載の終わった不動産情報も全て掲載されています。まずはこちらを参考に、『今、募集している物件』ではなく『空きが出たら住みたい物件』を探しておき、管理している不動産会社に事前連絡するのも手だと思います。

不動産会社の比較

最後に、実際に利用した不動産会社についてご紹介したいと思います。

アパマンショップ津田沼

良くも悪くも、『チェーンの大規模なお店』という感じですね。事務のお姉さんが、非常にてきぱき物件案内をしてくださったのが特徴的でした。特に、津田沼の細い路地を営業車ですり抜けて行き、さすが!と思いました。

■賃貸ハウス津田沼

ページを見ても分かるかと思いますが、営業力はとても高く感じました。コンサルティング営業っていうのかな?『ここがいいんですけど』と言うと『なるほど、そこもいいのですが、こういった選択肢はいかがでしょうか?』と、話をしっかり聞きながらグイグイくる感じですね。その後、ご紹介のメールもたくさん(しかも親身に)頂き、とても良かったのですが、良い物件に行き当てなかったのが残念です。

■伸誠不動産津田沼

最終的に決めた不動産屋さんです。

津田沼で、古くから2店舗を展開する、地元密着型の不動産屋さんです。取り扱っている物件に特徴があって、ここでしか無いものもたくさんありました。また、営業の方は、どちらかというと、バリバリ仕事が出来る感じはせず、のんびりした感じの方でしたが、『この人津田沼が好きなんだなあ』という気持ちはひしひしと伝わってまいりました。その後も、何度か折にふれてお付き合いがありますが、入居3年目も気持ちよく利用させて頂いております。

 

いかがでしたでしょうか?津田沼は、若い人に是非おすすめの街です。良ければ、はてブ等でコメント頂ければ幸いです。