読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

MENU

東京メトロの定期券は、長めに買っておくとお得

津田沼・船橋 生活・節約・家計


さてもうそろそろ新年度ですね。新年度が始まるともに、定期券も再購入される方が多いのではないでしょうか?今日は、そんな定期券を買うときの節約術(?)について調べてみました。

会社までの定期券で良い? 

私は、津田沼在住で茅場町に勤務しております。その為、津田沼から西船橋までのJRと、西船橋から茅場町までの連絡定期券を購入しております。ただ、月に1回か2回、大手町の本社に出社することがあります。その都度、乗越乗車分については経費精算をして居たのですが、いい加減精算も面倒臭いので、大手町までの定期券を購入した場合の金額を確認致しました。

  1. 西船橋⇒茅場町 46,980円
  2. 西船橋⇒大手町 47,310円

なんと、半年間の通勤定期でたった330円しか変わりません。同区間の、IC初乗り運賃が165円であることを考えると、1往復するだけで元がとれてしまいます。更に、他の主要駅までの定期券代も見てみましょう。更に、別の例を見てみましょう。

経路も意識すると利便性が高まる

次に、西船橋⇒上野の定期券を考えてみます。

  1. 西船橋⇒(東西線)⇒日本橋⇒(銀座線)⇒上野
  2. 西船橋⇒(東西線)⇒茅場町⇒(日比谷線)⇒上野

の2通りのルートがあります。いずれも47,470円となり、茅場町までの料金とたった490円の差です。プライベートで、上野まで遊びに行くこともあると思います。この追加料金を払って定期有効区間にするのは、人によっては大幅な節約が見込めます。

ただ、注意すべきは経由ルートです。それぞれ、

  1. 日本橋・三越前・神田・末広町・上野広小路・上野
  2. 人形町・小伝馬町・秋葉原・仲御徒町・上野

が経由駅になります。経由駅は、定期区間内として追加料金が発生しませんので、飲み会で神田方面の用事が多い人には1、休日にアキバに行くことが多い人にとっては2がお得な定期券になります。

主要ターミナル駅までの料金

また、比較的土日に遊びにでることが多そうな駅について、茅場町からの半年定期の料金と、茅場町までの差額調べてみました。(全て最安ルート)

  1. 渋谷 48,010円(+1,030円)
  2. 新宿 48,120円(+1,140円)
  3. 池袋 48,120円(+1,140円)

となります。なお、行き先が沢山考えられる人は、全線定期券を利用するという方法もあります。ただ、全線定期券は非常に高い(93,420円)ので、よっぽど毎週末都心に遊びに行くのでなければ、元を取るのは難しいでしょう。

回数券との比較

『東京メトロは、定期券の割引率が低いので、回数券を買った方がお得』という話もあります。これについても、合わせて確認してみましょう。茅場町までをベースに考えると、半年定期券の1ヶ月分は46980円÷6ヶ月 = 7,830円。『元が取れる日数』は、7,830円÷(240円*往復) = 16.315日となります。1ヶ月の平日日数が20日とすると、1月平均3日程度のお休みを取らないのであれば、定期券を買ったほうがお得になります。

ただ、客先直行直帰が多く、その相手先がJR路線内であれば、定期券を買わず、回数券を利用した方が得なケースも多くなります。

なぜ安いのか? 

 では、どうして区間を伸ばしても定期券台がそこまで変わらないのかについて考えてみます。まず、定期券の料金ですが、移動区間の『営業キロ』毎に料金が計算されます。東京メトロの場合、『営業キロ』毎の料金は、こちらのようになっています。参考までに、JRはこちらです。

特徴的なのは、『初乗り』の金額が高く、かつ距離が長くなればなるほど1キロあたりの追加金額は安くなっています。つまり、東京メトロは『長い距離を移動する人』にやさしい運賃体系をとっています。

逆に言うと、短い区間を移動するには損な体系ですので、なるべく乗越精算扱いとならないよう、長めの定期券を購入するのが正解となります。

どうせならプライベートも便利な区間にしてみませんか?

大抵の会社では、『通勤定期の区間』を会社に申請することになると思います。注意しなければならないのは、通勤をする際に申請した区間を通った場合、もし何か会った時に『労災』に適用されない可能性があります。

ですが、通勤費は出張旅費と異なり『経費の精算』ではなく『給与』になります。支給された定期代をどのように使うのかは一般に個々人の裁量に委ねられることが一般的です。その為、土日も街ナカに出る可能性のあるひと(特に新入社員諸君!)は、なるべく土日の利用にも便利なように定期を購入するのがお薦めです。

まだ、定期券を購入されていない方も多いかと思いますので、定期券の購入の前には自分の土日の生活も含めて、考えてみてもいいかもしれません。