ゆとりずむ

東京で働く意識低い系ITコンサル(見習)。金融、時事、節約、会計等々のネタを呟きます。

ひとまず1000万円貯めたけど30代の資産運用が難しい件


こんにちは、らくからちゃです。

弊社では、毎年12月の第一金曜日が冬のボーナスの支給日です。景気回復の掛け声もどこへやら。寒風吹きすさぶ弊社ではございますが、なんとか今期も頂戴することができました。ありがたやありがたや。

今回は特に楽しみにしていました。というのも

目標貯蓄1000万円を達成しました!!ヽ(=´▽`=)ノ

思えば8年前に就職したときの、無一文に近い状態から考えれば、よくぞここまで辿り着いたもんです。

個人的には、特に『頑張った』という感覚はありません。

学費は父の遺してくれた学資保険で賄えたため奨学金負担はありませんでしたし、カネのかかる趣味やガチャに大金をつっこむこともなく、無駄遣いはしないようにと考えてやっていたら、気がついたら溜まっていたという感じですね。

折角の機会なので資産運用の見直し中ですが、30代の資産運用ってめっちゃ難しいっすね(´・ω・`)

これさえやっておけば大丈夫な投資法?

ネットでぶらぶら資産運用について調べていくと『誰でも簡単』『迷ったらコレ!』『全ての人におすすめ』そんな感じの謳い文句の"最強の投資術"みたいな感じの記事をよく見かけます。

そういう記事を見るたびに思うんだけど、それって

  1. ずっと先の定年後に必要な資金
  2. 3年後に住宅購入をする際の頭金用の資金

のどちらにも対応できんの?って言われると多分違いますわな。

うん。たしかに経費率の低い米国のインデックスに投資しておけば、リターンも大きい上に分散投資も出来るし良いと思いますよ。でも、株式を主体としたファンドは一般的にブレ幅が大きいため『○○日までに□□円必要』といった資金を運用するのには不適でしょうね。

投資信託の目論見書の後ろの方に、よくこんなのついてますよね。

f:id:lacucaracha:20171205013733p:plain

(出典:i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)

以前、下記記事でも書いてみましたが、にリスク(価格の変動)が激しければ激しいほど、リターンは大きくなります。確かに、株式のリターンは魅力的だけど、ブレ幅が大きいと困る資産の運用には適さないでしょうね。

www.yutorism.jp

逆に言えば、『値動きが激しくても気にしないよ』というのであれば、それだけリターンを大きく出来ます。じゃあ結局、どの程度の額はリスクを取った投資が出来るのか?それを判断するには、ライフプランニングを行ってキャッシュフロー表を作るしか無いわけです。

ライフプランニングとキャッシュフロー

細かな体裁はそれぞれ違うと思いますが、『キャッシュフロー表』というと、だいたいこんな感じのものですね。

f:id:lacucaracha:20171205014841p:plain

(出典:社会人のマネー&ライフプランお役立ちブック

年ごとに

  1. 収入はどれくらいになるのか?
  2. 生活費はどれくらいになるのか?
  3. いつ結婚するのか?
  4. いつ子供を産むのか?
  5. いつ家を買うのか?

を整理して、定常的に得られる資金と、大きなイベントごとで生じる支出をまとめて確認するためのものです。

資産運用は、これがないと話にならない

20代のうちは、大きな支出といっても、せいぜい旅行に行く程度のもの。運用できる資産も大したことないし、生活に必要な部分を超えてあまった資金は、適当にリターンの良さそうファンドにでも突っ込んでおけば、それで良かった。

ところが30代になると『結婚』『出産』『住宅取得』と、百万単位のお金が掛かるライフイベントが目白押し。利回りが良くとも、必要な時期に必要な金額が準備できないと、場合によっては利息を払ってお金を借りなければならない。そうなると大損です。

『先々のことなど、どうなるのか分からん!』

とも思うけど、少なくとも『いまの段階でどうしたいのか?』が決まっていないと、全く先の予定が考えられません。20年、30年先は想像つかなくとも、10年間分ぐらいは『こんなことをしたい!』という予定をどんどん立てていき、それに向けた資金計画を考えることが大事なんでしょうね。

たぶん、1億2億のお金があればそんなことを考える必要もないかもしれない。でも1000万円くらいならば、しっかり考えないと必要な時期に必要な額を用意するのは難しい。

『大きな石から先に入れよ』といいますが、まさに30代の資産運用はそんな感じですよね。予定はあくまで予定なので、途中で変わることもあるんでしょうけど、まず実現できるための資金的な裏付けを考えなきゃいけない。

お金の殖やし方よりも使い方を考えていきたい

改めて考えてみると、いままでは『どうやってお金を増やすのか?』を一生懸命考えてきましたが、これからは『どうやってお金を使うのか?』を真剣に考えていかなきゃいけないんだなあということなんですよね。

今までしっかり考えて来なかっただけに、頭を抱えながら『これから先の10年をどうするかなあ』と考えております。こうやって真面目に考えてみると、ただなんとなく溜め込むだけの貯金は『宵越しのカネは持たない』式の無駄遣いと、真剣に将来のことについて考えていない点においては大差ないように思えてきますね。。。

お金は、死ぬまでにきれいに使い切るのが理想でしょう。人生、すべてのことは今しかできないことです。お金の価値を最大限高めるためには、どうやって稼ぎ、殖やし、使っていくのが良いのか?もう一度じっくり考えねばなあと思う今日このごろです。

ではでは、今日はこのへんで。